M5StickVで、Brownie(ぶらうにー)を動かしてみた

M5StickVで、Brownie(ぶらうにー)を動かしてみた。

とりあえず、配布されているものをそのままダウンロードしてmicroSDカードに入れて、M5StickVに挿して起動させただけだったりする。

microSDカード内のboot.byが実行される。

物体認識と顔認識のコードのメイン部分は以下のとおりだ。yolo2を使っている。

        img = sensor.snapshot()
        code_obj = kpu.run_yolo2(task, img)
        code_face = kpu.run_yolo2(task_face, img)

初期設定でモデルデータを読み込んだりしている処理があるのだが、基本的には上記の3行だけで物体認識と顔認識ができるようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.