LEDランプが作れないだろうか

LEDランプが作れないだろうか。

最近、家の片付けをしていたら昔の古いランプが出てきた。
Rimg0001

灯油とかアルコールなどを中に入れて、先端からタコ糸とかの芯を燃料に垂らしておいて火を付けるとランプとして使うことができる。
(ベンジンのような揮発性の高いものを入れると、芯とかが無くても先端に火を付けたりすることもできるが危ないのでやめたほうがいいだろう。)
燃料を使ったランプで、燃料部分が密閉されていないタイプなので倒れたら燃料がこぼれて火事の危険がある。倒れた場合には、先端の口の部分だけでなく、てっぺんの蓋は乗せているだけなのでこちらからも燃料がこぼれてしまう。
そういうわけで使わずにホコリを被っていた。

このランプをLEDランプに改造できないだろうか?

似たような話で、ろうそくが倒れたりして火事になると危ないからLEDろうそく/LEDキャンドルというのがあるらしい。

探していたら、LUMINARAというLEDキャンドルがあったのだけど、結構良い感じに見える。

[2014年モデル] LUMINARA Sサイズ ピラーキャンドル アイボリー オーシャンブリーズの香り タイマー機能付き LM102-IV 【リモコン対応】 LEDキャンドル|フェイクキャンドル(Amazon)

これを分解して、改造に使おうかと思ったけどちょっと値段が高い。内部の機構部分も大きくて改造してランプに入れるにはサイズがあわないかもしれない。
変わりにノーブランドの安いLEDキャンドルを買ってみた。

Rimg0002
写真では光っている部分がきれいに映っていて誤魔化されているが、実物はちょっと安っぽい感じだ。

Rimg0003
分解して、ランプの中に入るだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

48 − = 39