RICOH THETA m15の筐体にmicroSD交換用の穴空け加工失敗か?

RICOH THETA m15の筐体にmicroSD交換用の穴空け加工失敗か?
Rimg0002
ちょっと小さめに穴を空けようとしたのだけど、基板を傷つけてしまったようだ。

Rimg0003
microSDカードスロットとチップ抵抗が並んでいるところの間の基板のパターンを傷つけてしまった。

なんかバッテリ切れみたいなのが解消しなくなってしまったっぽい!?
症状について続きの話を別のblogエントリに書いた → (続き)


追記

なぜ、空いている穴より内側の位置に傷ができたかというと、ちょっとmicroSDカードの幅ぎりぎりのサイズの穴を空けようと欲張って最初に小さい穴を空けたためだ。

しかし、旧THETAでのmicroSDの位置に合わせてホットナイフの刃を入れたのだけど、新THETAは中のmicroSDカードソケット部品の実装位置が少しだけ異なっているため、上記の位置にホットナイフの刃が当たってしまったのである。(基板が異なっていて、チップ抵抗の位置なども微妙に違っている)

これから穴空けをする人のために、どの位置でカットするのが比較的に安全なのか旧THETAと新THETA m15のそれぞれ後で計って図に書いてみようと思う。

あと、修理はできそうな気がするので、試してみて後で書く予定。
修理できた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 45 = 50