愛知県はまん延防止のあと厳重警戒措置中になっているので、旅行だけでなく普段の外出もなるべく避けている

愛知県はまん延防止のあと厳重警戒措置中になっているので、旅行だけでなく普段の外出もなるべく避けている。

愛知県のまん延防止重点措置は2021年7月11日までで解除されたのだが、8月11日までは 厳重警戒措置(愛知県の独自の措置)の対象となっている。

大村知事「リバウンドし拡大を想定」まん延防止解除後も1カ月の厳重警戒措置- 名古屋テレビ【メ~テレ】
県民・事業者の皆様へのメッセージ(緊急事態宣言等) – 愛知県
「愛知県厳重警戒措置」の実施に伴う「愛知県感染防止対策協力金【営業時間短縮要請枠】(712~811実施分)」の実施概要について – 愛知県

東京でオリンピックが開催されるし、学生は夏休みに入るので、感染がさらに増えるのを防ぐために、行動制限をするようだ。(特に飲食店に時短営業を強いている。)

東京ではコロナ感染者が増えているのだが、愛知県はいまのところそこまで増加していないようだ。

自分の場合、普段の生活で人混みを避けてなるべく外出しないようにしていて、買い物とかもなるべく深夜に人が少ない夜間営業のイオンのスーパーとかコンビニで済ませている。単に猛暑で暑すぎるので昼間に外出をしないというのもあるが。

旅行は避けるべきで、非推奨となっている。
自分の場合にはいつも一人旅で日帰りばかりで多人数での食事はしないので大丈夫な気がするのだが、念のために旅行は避けている。デルタ株というのが3密対策では防げないのではないかと言われているからだ。
夏の青春18きっぷの期間(7/20~9/10)に入ったのだが、今回はこの期間に旅行するのはやめておくことにする。

たぶん8/11以降も、厳重警戒は続くのだと思う。お盆休みに警戒を解いてしまうと感染者が激増してしまうおそれがある。

ワクチンだけがこの状況での希望なのだが、愛知県ではあまりワクチン接種が進んでいない。
感染者数が深刻に多いのにオリンピックを開催する東京では、大規模会場とか急ピッチで接種が行われていて、高齢者優先で一日100万人とかいう勢いで進んでいるらしい。

名古屋市の接種券の発送は高齢者以外にはこれかららしい。
名古屋市新型コロナウイルスワクチンの接種対象者、接種予約に必要なクーポン券の送付状況について(暮らしの情報)

自分の場合、7月26日から接種券が送付されるようだ。
それを受け取ったら、接種の予約を取り、実際に接種をすることになる。
8月中に1回目の接種ができるだろうか。そのあと、時間を空けて2回目の接種だ。
ワクチンの効果が出るまでに3週くらいはかかるようなので、心配なく外出できるようになるのは9月中旬か下旬になりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 60 = 69