カテゴリー別アーカイブ: electronics

家hack小ネタ – 薬を毎日取るのを忘れないようにチェックするタイマー

薬を毎日取るのを忘れないようにチェックするタイマーというのを作れないだろうか?というのを考えている。

例えば、毎晩寝る前に目薬をささないといけないのだが、夜更かしして寝落ちしてしまったりすると忘れてしまうことがある。
朝になってから、昨日の晩に目薬をちゃんと点眼したかどうか思い出せないというのが困る。

薬の入れ物にタイマーを付けて、前回使ってからの経過時間を表示するというので解決できるのではないかと思った。

そういうタイマーを電子工作で自作するというのを考えたが、安い時計を改造して代用できないだろうか?
そこで材料として安いものを探して100円ショップで腕時計を買ってきた。(300円だったが)

続きを読む

デジタルLED時計キットを手に入れた

デジタルLED時計キットを手に入れた。

単に時計として使うのでは無く、改造してキッチンタイマーのようなものを自作するのに使いたい。

KKmoon LED時計 DIYデジタルLED時計キット 4桁 LEDクロックキット コントロール温度日付時間表示機能 透明ケース付き(Amazon)
続きを読む

micro:bitで、Bluetooth→シリアル通信(UART)の変換をできないだろうか

micro:bitで、Bluetooth→シリアル通信(UART)の変換をできないだろうか。

有線のシリアル通信を無線化するためのBluetooth→シリアル通信(UART)の変換のモジュールはいくつか売っているのはあったのだが、結構お値段が高かったりした。
安価なmicro:bitを2台使って、同様にBluetoothでのシリアル通信を相互にやりとりさせるというのができないかなあ。などと考えている。

(せっかく買ってしまったmicro:bitなので何かに使えないか考えていたのだけど、これくらいしか思いつかなかった。)


追記

ネットで検索して探したら、BluetoothでなくてBLE(Bluetooth Low Energy)でシリアル通信をするという例があるようだ。
micro:bit Bluetooth Low Energy serial UART Support

πduinoというRaspberryPiに接続するArduino基板がFirmataで制御してるらしい

πduino(パイデュイーノ)というRaspberryPiに接続するArduino基板がFirmataで制御してるらしい。
ケイエスワイ、Arduino×Raspberry Piの合体ボード「πduino」 ~月刊誌『トランジスタ技術』とのコラボ製品 – PC Watch

雑誌で基板だけ手に入れたのだけど、部品セットを通販で買うと高いので手持ちの部品でうまくでっちあげて作れないかなあ。
などと考えていて積んだままになっていた。
続きを読む

ESPマイコン基板をいくつか手に入れた

ESPマイコン基板をいくつか手に入れた。
IoT用のWiFiが使えるマイコンだ。

自分が最初にESPマイコンを買ったのは、ESP-WROOM-02が最初に日本で発売された時にスイッチサイエンスがMaker Faire Tokyo 2015で数量限定で販売していたのを手に入れたのだった。
しかし、せっかく買ったESPマイコンモジュールなのだけど紛失してしまって、その後ずっとESPマイコンのことを忘れていた。

最近、またESPマイコンを使ってみたくなったので、いろいろと調べてまたいくつか手に入れた。
続きを読む

Arduinoで植木鉢などの水やりを自動化したい – その2 – 土壌湿度センサー

Arduinoで植木鉢などの水やりを自動化したいという話の続き。

植木鉢などの中の土の水分の量(湿度)をセンサーで計測したい。
土壌湿度センサー(Soil Moisture sensor)というセンサーを使えばできるようだ。
土壌湿度センサーで安い中華製のものをAmazonで購入した。(他にも同じ製品がいくつかの業者で売られているのがあった。もっと安く買えたのかもしれない。)

Arduino 土壌湿度計 湿度検出 モジュール 土壌 水分 水分センサ モジュール(Amazon)
続きを読む

Arduinoで植木鉢などの水やりを自動化したい – その1 – ポンプ

Arduinoで植木鉢などの水やりを自動化したい。

水をバケツか何かの容器に入れておいて、そこから一定量の水をくみ上げて、毎日決まった時間に室内の植木鉢などに水を供給したい。

水をくみ上げるポンプをいくつかAmazonで中華製の安いものを探して買ってみた。

AC100Vで動作するポンプで、大きい方が7Wという仕様のもので、小さい方が3Wという仕様のものだ。
続きを読む