NT京都2018に行ってきた

NT京都2018に行ってきた。
出展者として参加して、最近凝っているJoyConのhackで、HD振動モジュールの振動で音楽を演奏するデモを展示した。(任天堂のお膝元の京都で!)


あと、他の出展者の作品も見学して回った。

キノコで演奏。

M5Stackで気圧計やAquesTalkなど。

中間にユニバーサル基板のモジュールを挟んでスタック式に組み立てられるので、簡単に筐体入りの工作物が出来上がるというのが面白いアイデアだ。

Raspberry Piで超高速電光掲示板など。

表示回路とラズパイとをデジタルアイソレータという部品を使って電気的に切り離しているそうだ。アナデバの部品を使ってた。80Mbpsくらいの高速な駆動ができるのだとか。(フォトカプラだと遅い)

マウスコンピューターとか歩くレトロパソコンとか。

電話ダイヤル型テンキー。

Raspberry PiのGPUで、アセンブラのプログラミングでマイニング。

火の熱で動く電動の歩く車?という展示があったらしいのだが、見落としてしまった。
回ったときに不在だったか、準備されてなくて展示前だった出展者かな。
https://twitter.com/marimattsu/status/977878140784488448/video/1


あと、屋上のBBQでお昼を食べた。

ベーコンを持ち込んで炭火で焼かせてもらって食べた。昼食はこれだけだ。

スモア用のマシュマロとチョコビスケットを差し入れで提供した。

尻Pという方がアナグマの肉を差し入れていたので、一切れ味見をさせて貰った。なんか微妙なお肉だ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 7 = 12