中華な安物パルスオキシメーターを手に入れた

中華な安物パルスオキシメーター、Amazonに注文したのが届いたので試してみてる。

操作は、ボタン1つだけで、ボタンを押すと画面が点灯し、計測が開始される。

指先をクリップ状の隙間に挟んで、しばらくすると計測値が表示された。


TwitterのTLで偽物がリップスティックでも数値が表示されるというのがあるらしい。

自分もリップスティックを試してみたが、大丈夫そうだ。(外乱で周期的に変動する光が受光部に漏れて入ったりすると誤計測されるのだろうか?)

しばらくこのように計測ができない状態が続くと、勝手にスリープしてしまう。

再度、ボタンを押してスタートさせたのだが、画面の向きがボタンを押すたびに変わってしまって、困る。

とりあえずは、もしコロナに掛かったりして体調がやばいことになっても早期にSpO2(血中酸素飽和度)の値の異常を発見することができそうな気がする。

パルスオキシメーターのSpO2計測の原理は、赤色LEDで指先を赤色光が透過するのをセンサーで計測して透過具合を測定するのと、同時に赤外発光LEDで赤外線でも透過具合を測定し、赤色光と赤外での透過具合の比率から割り出すのだそうだ。
パルスオキシメータとはどのようなものですか?|一般社団法人日本呼吸器学会
パルスオキシメーターの原理 – パルスオキシメーター深堀り知恵袋 コニカミノルタ

秋月電子とかで買える部品で作れそうな気がする。IoTなネットに繋がったパルスオキシメーターで秋月パルスとか作れないだろうか。


追記

パルスオキシメーターを個人で購入するのは控えるべきらしい。
血液中の酸素濃度測定機器「一般家庭の購入控えて」新型コロナ
パルスオキシメーター「個人購入控えて」自宅療養で品薄

Amazonマーケットプレースで中国から発送される中華製品を買う分には国内の品薄とは関係ないはずなので、そこまで気にしなくてもいいのかなあ。

もし、どうしても気になるならMAX30100とかMAX30102を使って自作するという方法がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

48 − 47 =