セラミックのナイフを手の爪のまわりの手入れに使っている

セラミックのナイフを手の爪のまわりの手入れに使っている。

子供のころから、爪の横のほうがささくれて、さかむけになることが多かった。
ときどき爪周囲炎で赤く腫れて酷く痛んで、膿がたまったりして辛かった。

大人になってから、初期症状の小さいささくれのうちにカッターナイフで切ってしまうというのをするようになり、炎症になることがかなり少なくなった。
反面、カッターナイフだと鋭利すぎて余分に切りすぎてしまうことがあり、ちょっと危なっかしい。自分の手先が不器用というのもあるのだが。

あまり鋭利すぎない刃物として、セラミックのナイフを使うようになった。

最初はカッターナイフ型のものを使ったのだが、値段が高くて補充する刃を気軽に買うことができない。

その後、セラミックのフルーツナイフを買ってしばらく使ったのだが、うっかり普通のナイフの代わりに使って力を入れすぎて折れてしまった。2000円くらいしたのに。

最近は、100円ショップ(ダイソー)で小さいセラミックナイフが売っているので、数本購入している。

しばらく使うと切れ味がかなり落ちてしまう。

セラミックのナイフは普通の砥石ではなくダイヤモンド砥石で研ぐらしい。

100円ショップ(ダイソー)のダイヤモンドヤスリとかで試してみたが、粗すぎてあまり研げない。
#1000番くらいのダイヤモンド砥石が必要なようだ。Amazonとかで探してみたが、結構な値段だ。

しかし、100円ショップで買ったセラミックナイフを研ぐのに高い砥石を買うのは本末転倒な気がする。

勿体ない気がするが、切れ味が落ちたら使い捨てにするのが合理的なのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

− 9 = 1