デジカメCOOLPIX P900用に赤外線フィルターを手に入れた

デジカメCOOLPIX P900用に赤外線フィルターを手に入れた。
まずは、2300円くらいの安いやつを買ってみた。
Rimg0002
[MENGS] 67mm (IR720nm) アルミフレーム付き 赤外線レンズフィルター,ユニバーサル カメラ と DSLR カメラボディ用(Amazon)

小さな池の周囲で撮影してみる。

まずは赤外線フィルターなしで撮影。
Dscn0892
フィルターを付けるとこんな写真が撮れた。(撮影後の後処理をしていないまま)
Dscn0891
異世界っぽい風景写真になった。

池の水面を望遠で撮影。
Dscn0881
Dscn0885

池の対岸を望遠で撮影。
Dscn0880
Dscn0884
Dscn0883
Dscn0886
Dscn0887
Dscn0889
カメラで撮影した写真データの中心部分に丸くうっすらと色が違う部分が出ている。
カメラの中心部部分だけCOOLPIX P900の撮像用センサーの赤外線の感度が異なっているのだろうか? あるいは内蔵のフィルターか何かの影響だろうか??

とりあえずは、望遠で赤外線撮影できることが確認できた。

赤外線撮影というと、ソニーのビデオカメラのナイトショット機能で服が透けて撮影されてしまうというのが問題になって回収になった(?)ということがあったらしい。
いわゆる赤外線透視撮影の機能だ。
特に、COOLPIX P900の超望遠機能と赤外線フィルタの組み合わせはやばいのかもしれない。
悪用厳禁だ。

デジカメCOOLPIX P900用に赤外線フィルターを手に入れた」への1件のフィードバック

  1. monkey

    太陽の塔へはロープウエイではなく、ケーブルカーが通っていました。あなたの記憶は間違っていません。太陽の塔周辺は当時キャンプ場でした。今も催事館脇に遺構が残っています

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

7 + 2 =