Anovaで牛すじ肉を低温調理してみる

Anovaで牛すじ肉を低温調理してみる。

黒毛和牛のすじ肉を買ってきた。

ジップロックの袋にすき焼きのたれで漬けて、まず2~3時間冷蔵庫に入れて味を染み込ませる。

Anovaにセットして、62度で低温調理する。

加熱時間は、最初12時間くらいで食べられるかと思ったが、まだスジの部分が柔らかくなってなかったので、24時間まで待った。


大きいスジの固まりはまだだいぶ弾力が強くて食べにくい。小さいスジ部分は柔らかくなっていて美味しく食べることができた。
あらかじめある程度小さく切ってから調理するとよかったのかもしれない。
あるいはもっとさらに長い時間低温調理するとか。


すじ肉で、シチュー用程度のごろっとした大きさにカットされたものを試してみた。

さらに細かくカットして、ジップロックの袋にすき焼きのたれで漬けて、2時間冷蔵庫に入れて味を染み込ませた。

Anovaで、60度に設定して、24時間低温加熱してみた。

今度はうまくスジ肉の調理ができた。
やはりあらかじめ小さく切っておいたのがよかったみたいだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

2 + 1 =