使い捨てのBBQコンロを使ってみた – その2 マグロの中落ち炙り焼き

使い捨てのBBQコンロを使ってみた。という話の続き。

Amazonで買った方のInstant Grillを使ってみた。

炭で炙って焼いて食べるため、マグロの中落ちを買ってきた。

Intant Grillの準備をする。前回、ちょっと火の粉が飛んで布の折りたたみテーブルに小さい穴が空いてしまった。今回は防止のためアルミホイルを敷いてみた。

マグロの中落ちを炙り焼きにする前に生の状態で、少しネギトロで食べてみる。
スプーンに表面をすこし掻き取って、わさび醤油で食べた。混ぜ物なしの純粋なネギトロだ。美味しい。


(ネギトロの語源は、掻き取るとかこそげ取るのを「ねぎとる」というところから来ている。→ ネギトロ – Wikipedia)

Instant Grillに着火して、着火剤の燃焼が終わって、しばらく火が落ち着くまで待つ。

火が落ち着いたので、早速、中落ちをInstant Grillに乗せて炙り焼きにしてみる。

中まで焼かずに2分~3分ほど表面だけ炙るだけで焼きを中断し、炙り中落ちを食べる。

醤油をかけて、チューブのわさびを薬味にして、炙ったマグロの身を箸で毟って食べた。場所によって身の味わいが違う。トロっぽい部位は脂が乗って美味しい。

両面を食べ終えたが、まだ中骨に少し取り切れない身が少し残っている。
炭火でじっくり焼いて、残った身を食べた。味は、普通の焼き魚だ。ブリとかのカマを焼いたのを食べているのに似ているような気がする。

お腹に近い部分の細かい板状の骨が並んでいる部分などは炙ったときには身が取れなかったが、焼いてからは間の身を食べることができた。

身を食べ尽くした後の中骨を、さらにまだ炭火が残っていたのでしっかりと焼いた。

家に帰って、あとで吸い物のだしとか取るのに使えるかもしれない。
と思ったが、鍋に入る大きさに切るのが面倒だったので結局廃棄してしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

4 + 2 =