使い捨てのBBQコンロを使ってみた – 焼き肉

使い捨てのBBQコンロを使ってみた。

ダイソーで1つ300円で売っていた。豆炭っぽい成形炭が燃料に使われている。

同様の品物がAmazonにも売っていて、これを買った後にダイソーで売っているのを見つけたのだった。

BUNDOK(バンドック) インスタント コンロ 燃料入り BD-417 【1~2人用】 バーベキュー(Amazon)

屋外で1人で焼き肉をするのに使ってみた。

アルミの使い捨ての深皿容器に豆炭型の成形炭が入れてあり、着火用の薬品を含んだ紙で包まれている。容器のフタとして網状の板が取り付けてある。

まず、紙の部分に着火用ライターなどで着火する。

着火剤の紙の部分が燃える。

紙の部分が燃え尽きたのだけど、どうも炭への火の付き方にむらがあるようだ。手持ち式のカセットガス缶のガスバーナーでまだ火が付いていない炭に火をつけた。

まず、厚切り牛タンから焼いていく。

すぐに焼けた。美味しい。

次に牛カルビを焼いた。


焼いている途中で、1つ炭が破裂した。
直撃を受けた肉が炭の破片を浴びて真っ黒になっている。この炭の破片は洗い流せなくて、肉の中にも少し破片が食い込んでいたようで、食べるときざりざりとしていた。

それ以外は普通に焼けた。美味しい。

破裂したのは、この欠けている炭らしい。

ダイソーの安い物を使ったから品質がいまいちだったのだろうか? 後日、もう1つのAmazonで買った方を使ったときにはこんなことは無かった。

気を取り直して、どんどん焼いていく。


無事に全部の肉を焼いて食べることができた。

燃え尽きるのを待って、中の灰をデイキャンプ場の灰捨て場に捨てた。アルミの容器側はゴミとして持ち帰って捨てた。


日を改めて、Amazonで買った方の使い捨てBBQコンロ(Instant Grill)も試してみた。別のblogエントリに書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

76 + = 81