中華製のキッズ用スマートウォッチ(3G/LTE対応)を試しに買ってみたのだが、不良品だった

中華製のキッズ用スマートウォッチ(3G/LTE対応)を試しに買ってみたのだが、不良品だった。

子供のいる場所を調べる機能があるということで、腕時計ではなく紛失防止タグみたいに使いたいと思って購入した。

Amazonで購入した。届くのに1.5か月くらいかかった。
とりあえずSIM(nano)を挿してみようとしたのだが、SIMスロットに入れても固定されずに、バネで押し戻されてしまう。

普通なら1度押し込んだらロックされて、もう1度押し込んだら押し戻されて排出されるという挙動をすると思うのだけど。

起動画面と終了画面はこんな感じだった。

SIMがSIMスロットから押し戻されてしまうせいで、SIMを認識しないため、動作確認すらできなかった。

こういう中華機器は、うまくAPNの設定ができないかもしれないという不安があったのだが、それ以前の段階でアウトだった。

普通は中華業者であっても、Amazonが返金補償をしてくれる場合が多い。届かなかったり、不良品だったりすると、中華業者はまともに対応しないので、ある程度の日数の期限内に中華業者がAmazonにまともな返答をしないということで、Amazonの補償が認められることになる。

しかし、今回はなぜかAmazon補償の前に中華業者がちゃんと返品を受け付けて、返金をするという対応をしてきたため、こちらが荷物を中国に送らないといけなくなってしまった。

まずこちらが郵便局から送ると、その伝票からその送料分を返金してくれるという。

電池が内蔵されているというとこで郵便局の受付でひと悶着があったのだが、とりあえず無事にEMSで発送した。

EMSの送り状の写真をメールで送ったら送料分の返金はあった。

しかし、その後、EMSの荷物を追跡しているのだけど、中国の通関に先月上旬に着いた後、通関をずっと通過していない。

荷物が相手に届かないので、返金もされないという状態に陥ってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

71 − = 62