名古屋から和歌山方面に出掛けるのに、夜に松阪まで行って、朝まで時間を潰して始発待ちをした – 松ヶ崎駅版

名古屋から和歌山方面に出掛けるのに、夜に松阪まで行って、朝まで時間を潰して始発待ちをした。松阪駅でなく、松ヶ崎駅を利用した。

前に、松阪駅で同様の始発待ちをした。(1)
名古屋から和歌山方面に出掛けるのに、夜に松阪まで行って、朝まで時間を潰して始発待ちをした
あるいは、津(津新町)でも同様の始発待ちをした。(2)
名古屋から和歌山方面に出掛けるのに、津新町駅行きの終電を使った

最近はコロナのせいで、深夜から朝までやっている店が壊滅的に減ってしまったので、上記の方法が使えなくなってしまっている。

松ヶ崎駅だと、駅の近くに24時間営業のファミレスやネットカフェが存在するので、ここの駅まで行って始発待ちをするのがよさそうだ。

実際に2回ほど試してみた。
三重県の尾鷲市海洋深層水総合交流施設アクアステーションに行ってきた
和歌山県のすさみ町立エビとカニの水族館に行ってきた – 2回目 (南紀紀行 その10)

夜に近鉄で松ヶ崎駅まで乗車する。0時になる前に23時台に終電となる。

次の翌朝の松ヶ崎駅の松阪駅方面の始発が5時7分発となっている。
朝まで5時間ほど、どこかで過ごすことになる。

駅のわりと近くにコンビニがある。ミニストップだ。イートインは利用できない。

松ヶ崎駅の比較的に近くにある24時間営業の店は2つある。

1つは、ファミレスのジョイフル松阪店だ。
もう1つは、ネットカフェの快活CLUB松阪店だ。

ジョイフルに行ってみた。

ジョイフルのほうがちょっと駅から離れている。駅から600メートルくらいだ。徒歩で15分から20分くらい。

徒歩で往復する時間を差し引いて、早朝にコンビニで買い物をする時間も差し引いて、4時間ほどジョイフルで過ごした。

早朝、始発で、松ヶ崎駅から松阪駅まで行く。
始発電車が5時7分なのだが、切符の自販機が5時ごろにならないと動かないので注意。
4:45頃は、切符の自販機の電源が落ちていた。

4:55頃、切符の自販機の電源は入ったみたいだが、切符の販売がされていない。

結局、5時過ぎに切符を購入することができた。

松阪駅からは、JRの始発に乗り換えて、青春18きっぷで和歌山に出かけた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 55 = 65