カテゴリー別アーカイブ: wearable

Android つ部勉強会 Android Wearハンズオンに行ってきた (2015年3月)

Android つ部勉強会に行ってきた (2015年3月)。
たろう(@ngsw_taro)さんによる「Android Wearハンズオン」という内容だ。
20150328_132319
用意されたQii太郎というアプリのソースコードを元にして弄ってみるということだ。
このソースはスケルトンの状態で、ハンズオンの中で肉付けをしていく。
続きを読む

ウェアラブルな上着型の充電池というのはできないだろうか

ウェアラブルな上着型の充電池というのはできないだろうか。

専用のハンガーに掛けると充電池に充電されるとか。
上着のポケットがQiとかの充電ポートになっていて、対応スマートフォンをポケットに突っ込んでおくと自動的に充電されるとか。

Microsoft Bandを手に入れたので、いろいろと試している

Microsoft Bandを手に入れたので、いろいろと試している。
Windows7のデスクトップPCで、Microsoft Band Syncというアプリがうまく動かなかったところまでが前回の話だ。

Windows8.1のノートPCでMicrosoft Band Syncをインストールしたら、こちらは普通に動作した。
Microsoft Band Syncアプリを起動すると、このような画面になる。
Image5
見た目はWindows8のStoreアプリ(Metroアプリ)っぽい。

ドライバは特に入れなくてもWinUSBのドライバがインストールされた。
Image2
USBのベンダーIDは045Eで、プロダクトIDは02D7だった。

上記アプリでSyncをすると、BandとUSBで通信をして情報を吸い上げているようだ。
技適の問題があるのでBluetoothを使わずにUSBでSyncができるのはありがたい。
Pocket PC(Windows CE)で、USB接続用クレードルを介してActiveSyncというソフトでSyncをしたのを思い出して懐かしい気分になった。

Microsoft BandとSyncした情報はPCには保存されず、クラウドに保存されるらしい。
ローカルにデータが欲しいのだけど、どうしたらよいのか分からない。
USB通信を解析するプロトコルアナライザーとかを間に噛ませたりすれば通信方法を解析できるのかもしれない。

Microsoft Bandを触っていてなんとなく懐かしさのようなものを感じるのは、これがPocket PC的なPDAの後継の腕輪型PDAで現代風のWindows8風味のWindows CE機みたいに感じられるからなのだと思う。
実際は、Microsoft Bandの中身はWindowsCE系のOSではなくて、もっと小規模なファームウェアが載っているそうだ。

ソフトを開発するためのSDKをいずれ出すらしい。
もしBand上で動くソフトを開発できるようになったら電卓とかを試しに作ってみたい。

Apple Watchが発表された

Apple Watchが発表された。
発売されるのは来年(2015年)で、まだまだ先だそうだ。

リンゴの意匠の腕時計を買って、Apple Watchを買ったと言うネタはどうだろうとか考えてしまった。
例えばこんなのがAmazonで売っているのを見つけた。
【マーシーズ】 リンゴ型 ブレスレットタイプ クォーツ レディース腕時計 (ホワイト)(Amazon)