鍵の紛失防止用にBLEタグを買ってみた

鍵の紛失防止用にBLEタグを買ってみた。(最近、2回も鍵を紛失してしまったので、対策をすることにした)

Amazonで探すと何種類か見つかるのだが、その中のSAFEDOMEとかSD MINIという名前で売っているものを買ってみた。安かったので。 (追記。 自分がAmazonで買った時には1200円だったのだが、あとでチェックしたら値段が変わっている。安かったのはセールだったのかなあ。 )

キーホルダー型GPS 紛失防止タグ キーファインダー SAFEDOME 忘れ物防止 鍵 財布 探し物発見 追跡 スマートトラッカー(電池交換版) (ブラック) (Amazon)

ストラップ紐があるので、キーホルダー的に取り付ける。

iPhoneにSD Miniというアプリを入れて、起動する。

Bluetoothで初回接続すると、以後はずっと自動接続となる。接続状態だと、デバイスが近くにあるかどうか電波強度で分かる。
アプリは起動させっぱなしにしておかなくてはならない。

警告音を設定しておけば、接続が切れたときにデバイス側とiPhone側で音が鳴って知らせてくれる。

マナーモードにしていると音が鳴らないので気が付かないというのが難点だ。
電波が切れた時のiPhone側の地図座標を記録してくれるので、デバイスを落としたりした場所がざっくりと分かる。

手動で、デバイス側のボタンを押してiPhone側の音を鳴らしたり、逆にiPhone側の操作でデバイス側の音を鳴らしたりすることができる。部屋の中とかの電波の届く範囲で見失った場合に探すのに便利らしい。

外で落とした場合に、履歴があれば近くまで探しに行ける。近くまで行って、それでBluetoothが繋がったらラッキーで、あとはデバイスの音を鳴らして捜索することが可能だ。(さもなければ誰かに拾われて別の場所に捨てられてしまっているのだろう)

あと、おまけ機能で、デバイスの押しボタンを押したときにiPhoneのカメラのシャッター機能を使うことができる。リモートシャッターだ。


追記


最初のうちは問題なかったのだけど、しばらく経過した今はときどきタグのスイッチが勝手に入ってクリック音が誤爆して鳴るのが鬱陶しい。
ポケットの中に入れるときとかに鳴ることが多い。
ポケットの外だとあまり誤爆しないのが不思議だ。

原因はさいしょは物理的にボタン部分に何か触れてしまってボタンが押されてしまって意図せずクリック音が鳴っているのだと思ったが、違うようだ。
接触不良のような変な挙動で、原因不明でちょっと悩んでる。

ボタンが頻繁に誤爆してしまうと、そのたびに余分に電池を消耗してしまう。

タグのケースの寸法誤差みたいなのがあやしくて、筐体の中で本来はボタンが押されないような余裕があるはずが、なにかの間違いでボタンが押されやすくなっていて、半押しみたいな状態になっているのではないかと疑っている。


さらに追記

その後、電池が消耗して、使い始めから1か月くらいで電池切れになってしまった。

商品説明によると、本来は半年くらい電池がもつものらしい。それにしては全然早く電池が切れてしまった。

とりあえず電池のCR2032を交換する。ダイソーで2個110円(税込み)で売っているものを買ってきて使った。このままのペースで消費したとしても、1か月で55円というランニングコストとなる。

電池を交換したあとは、上記で書いたような勝手にクリックが発生する誤作動がなくなった。
もしかすると、電池が無くなってきた場合にだけ発生する症状なのかもしれない。
あるいは電池の交換を促すための正常な挙動だったのかも??

電池がやけに早く電池切れになってしまったというのが気になるが、最初におまけでついてきた電池なので、購入した時点で既に消耗してしまっていたという可能性も考えられる。

電池交換をして、今度は間違いなく新品の電池なので、これで様子を見てみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

5 + 3 =