Zoffのブルーライト低減メガネの新しいものを作ってみた (新旧比較もしてみた)

Zoffのブルーライト低減メガネの新しいものを作ってみた。

最初に出た旧世代のものを作っていたのだけど、何年かのうちに近眼の度が進んできたので診断して貰ってレンズを作り直しに行ってきた。
近眼も少しだけ進んでいたが、どちらかというと老眼が出てきているのが問題で、PC作業とかの近くを見る場合と、車の運転など外で少し遠くを見る場合とでメガネを使い分ける必要が出てきたのだった。
古いメガネのレンズだけ作り直すつもりだったのだけど、最近はブルーライト低減メガネのレンズの性能が良くなっているというのを聞いたので、一式作り直すことにした。(車の運転用のメガネと合わせて2つ新調した)

結果、旧世代のブルーライト低減メガネと、新しいブルーライト低減メガネがある。
rimg0001
写真の左が旧世代で、右が新しいものだ。フレームは一緒のものだ。

青色レーザーを出力するレーザーポインターでテストして新旧の比較をしてみる。

旧世代のブルーライト低減メガネに青色レーザーを当ててみたところ、だいぶ透過する。
rimg0002

新しいブルーライト低減メガネに青色レーザーを当ててみたが、こちらはほとんど反射して、あまり透過しない。
rimg0003

新しいブルーライト低減メガネはかなり低減効果が高いみたいだ。
反面、メガネに後方の照明とかが反射して映ってしまうということがある。PC作業に主に使うので、そのときには後方に照明とかが無い状態にしておけば問題はない。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

15 − = 6