カセットガス用の手持ち式のバーナーを使ってサーモンとかを炙ってみた

カセットガス用の手持ち式のバーナーを使ってサーモンとかを炙ってみた。

カセットガス用の手持ち式のバーナーを手に入れたので、試しに使ってみる。

サーモンの寿司を炙って、炙りサーモンにしてみた。


いい感じ表面に焦げ目が付いて、ちょっと香ばしさがある。霜降りっぽくなって生臭さもしない。
食感も表面がうっすらと火が通って、生の状態に比べて歯ごたえが出ている。中身は刺身のままだ。2層の食感の違いが楽しめるのもいい感じだ。

マグロとサーモンの海鮮丼も炙ってみる。

これも簡単に炙ってみたのだが、刺身が重なり合っている部分がうまくあぶれていない。

一旦刺身を皿の上に並べて炙ってから丼の上に乗せ直した方がよかったのかもしれない。

あと、炙りチャーシューというか焼豚を炙ってみる。

ちゃんと皿の上に並べて炙ることにした。

イワタニのカセットガス缶だとちょっと火力が弱いのか、うまく炙れない。
パワーガスの缶に変更して炙った。

いい感じに炙りチャーシュー風の炙り焼き豚が出来た。

香ばしくて、美味しい。
お酒のおつまみとして食べてもいいだろうし、ご飯の上に乗せて炙りチャーシュー丼のようにして食べてもいいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

70 − 68 =