冷凍クロワッサンを焼いてみた

冷凍クロワッサンを焼いてみた。

オーブンが無いので、代わりにダッチオーブンを使ってみる。

焼く前の状態では、膨らむ前なので小さい。

常温で放置して解凍してから焼かないといけないのだが、解凍が不十分な状態で焼いてしまった。

うまく膨らまず、ダッチオーブンの下側のほうだけ焼き目というか焦げ目が強く付いてしまった。
底面には直接触れないように、焼肉BBQ用の使い捨てアルミ容器を使って宙に浮かせるようにしているのだけど、それでも下側が強く熱せられてしまうようだ。


十分に解凍して、再度ダッチオーブンで焼いてみた。

少し膨らんだのだが、やはり同様で十分には焼けなかった。


あと、オーブンの代わりにオーブントースターで焼くのも試してみた。

両面で加熱されるので、ちゃんとクロワッサンっぽく焼けた。

しかし、パン生地が全部膨らむには至ってなくて、3分の1くらい膨らまないで団子状なままで焼けた部分内部に残っている。

それでも焼きたてのパンは、とても美味しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.