神奈川県のアクアリウム宇宙旅行「UNDER WATER SPACE」に行ってきた

神奈川県のアクアリウム宇宙旅行「UNDER WATER SPACE」に行ってきた。
(水族館に行ったメモ:シリーズ その341)

期間限定の横浜の変わった水族館だ。開催期間が延長されて4年ほど営業していたのだが、今年(2024年)の1月15日に終了してしまうというので、見に行ってきた。
期間限定水族館 アクアリウム宇宙旅行「UNDER WATER SPACE」オープンから2年で来場者数18万人突破の大反響を受け 二度目の開催期間の延長が決定!

名古屋から青春18きっぷを使った日帰りの旅行で、他の場所に行ったついでに来た。
桜木町駅のあたりから汽車の道という橋を渡って、ちょっと寄り道をしてからWORLD PORTERSという建物にやってきた。建物の4Fに行く。

ネットでチケットを買って、入場した。金額は一緒だが、オマケが貰えるようだ。

別の惑星にワープして、エイリアンの水族館バーに行ってみるというちょっと変わった水族館だ。

入口のところのヒストリーの掲示に、2024 1/15クローズしたあと、次はNAGOYAみたいなことが書いてある。
名古屋に場所を移ってまた同じ内容でこの水族館が営業するならば、わざわざ横浜まで見に来る必要がなかったのかもしれない。

入口のところの横にある水槽。

ミストのスクリーンに映像を映して、空間に立体映像風に投影した女の人の映像が表示されている。
ワープで惑星に向かうというようなことを言っているようだ。


通路っぽい場所の先に円柱水槽などが展示されているエリアがある。


円柱水槽のあるエリアを抜けると大きい部屋がある。異星のバーらしい。


大部屋から次のエリアへの入口が分かりにくくて迷ってしまった。

最後のエリアは、映像展示と宇宙魚すくいとガチャガチャがある。

出口に着いた。

出口の外に売店スペースがある。

ガチャガチャの用のコインは、前売りチケットのオマケで貰っていたので1回まわした。
中身は交換券が入っているので、売店で引き替える。(知らずに紙を持ち帰るところだった。)

景品は、折り紙だった。

一通り見学し終えた。

あと、ここに来る前に同じフロアに水槽があったのを見つけた。エスカレーターで上がってきた場所のそばに設置してあった。

最初にここに来て、案内看板の代わりみたいなものかと思ったのだが、この水槽からどちらに歩いて行ったら水族館があるのかが書いてないので、ちょっと不親切だと感じた。



このあと、近くのカップヌードル博物館に行ってから、名古屋に帰った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

1 × = 2