クミンを油で熱して味と香りを油に移してクミンオイルを作って、カレーにかけてみた

クミンを油で熱して味と香りを油に移してクミンオイルを作って、カレーにかけてみた。

カレーに含まれるスパイスアレルギー対策をいろいろ考えていて、クミンオイルを作るというのを思いついた。
GABANの粉末になったクミンだと油で熱するのが難しいので、ホールタイプのクミンシードを買って使ってみる。

フライパンでキャノーラ油を熱して、クミンシードを入れて加熱した。

キッチンペーパーで漉して、クミンオイルを取り出してみた。


オイルに色が付いたので、クミンのエキスっぽいものが出たような気がするのだが、オイルの状態であまりクミンの香りがしない。

プレーンなボンカレーにかけて、食べてみた。


多めにかけてみたのだが、クミンの風味がしない。腹痛になることもなかったのだが、風味がしないのでは本末転倒だ。
失敗のようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

7 + = 9