AC100Vが出力できる大容量な携帯型バッテリーを原付ミニカー用のジャンプスターターとして使おうとしたら壊れてしまった

AC100Vが出力できる大容量な携帯型バッテリーを原付ミニカー用のジャンプスターターとして使おうとしたら壊れてしまった。

商品の説明にはバイクとかのバッテリーが放電してしまったときに使えるというようなことが書いてあるので、使えるだろうと考えて試したのだが失敗だった。

原付ミニカーなのだが、実質50ccの原付バイクと同じエンジンと同じバッテリーを積んでいる。
バッテリーは、12Vのよくある原付用の密閉型のバッテリーだ。

しばらく原付ミニカーに乗ってなくてバッテリーがあがってしまって、エンジンが掛からない状態になっているのに気がついて、大容量携帯型バッテリーの出番だと思った。

まずは原付ミニカーのバッテリーの電圧をテスターで調べたところ12Vを下回っている。

とりあえず、携帯型バッテリーと原付ミニカーのバッテリーを繋いで充電を試してみた。
携帯型バッテリー側の電流のリミッターがかかるみたいでなかなか充電されないようだ。

とりあえずテスターで原付ミニカーの電圧を測ると12Vを超えていたので、そのままエンジンをかけようとした。

しかし、一瞬セルモーターの音がしただけでエンジンは掛からなかった。そして、原付ミニカーのバッテリーに繋いだままにしていた携帯型バッテリーが稼働しなくなってしまった。

症状としては、電源スイッチを入れてもLED表示が付かないし、電圧も出力されないという状態だ。(内部にヒューズとかがあるのなら)ヒューズが切れてしまって稼働しないような感じだ。


上記の故障はまだAmazonで購入後の保証期間内だったので、出品者であるメーカーに問い合わせてみた。

最初は、電源ボタンを長押しするとリセットがかかり復帰するはず、というのを教えて貰ったが、その方法では回復しなかった。

故障した状況とかいろいろと詳しく伝えたが、あまり役に立たなかったようだ。

結局、代品として新品を1つ送って貰うことになった。故障品は送り返さなくてよいという。

今度はもうそういう極端な用途には使わずに、普通にAC100Vの出力をメインに使おうと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.