コロナ後の世界では、タバコを吸う人は悪人なのか

コロナ後の世界では、タバコを吸う人は悪人なのか?
「タバコを吸う人は悪人」コロナ後の世界では健康管理はモラルに変わる 健康で健全な社会の息苦しさ PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

自身の健康を損なって愚行をする権利は普通に認められているのだが、医療リソースを無駄に消費するのは公益に反するのではという問題だ。

ましてや、副流煙により周囲の無関係な人の健康を損なうのはマイルドなテロ行為だと思う。
自分は、階下の住人のタバコの副流煙のせいで受動喫煙症を患ってしまい、後遺症の化学物質過敏症でもう何年も苦しみ続けていて、人が多い場所では呼吸が苦しくなるためまともな生活ができなくなってしまい、健康面や経済面で大きな損失をこうむった。
解決していないし、解決方法も無い。

喫煙者は世の中にかなりの迷惑を掛けているのに、「自分達は誰にも迷惑を掛けてないのに世間から煙たがられて息苦しい」みたいな無神経なのを見ると腹立たしく思えるようになってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

87 − 83 =