ヨーグルトを作ってみる (その1)

ヨーグルトを作ってみることにした。
プリンとかを作って食べるのに比べたらヘルシーな気がしたからだ。最初は市販のパックのヨーグルトを買っていたのだけど、自分で作ってみたくなった。
Img_3175
ヨーグルトファクトリーという家電を買ってみた。
TO-PLAN(トープラン) ヨーグルトファクトリー(ヨーグルトメーカー) TKY-41(Amazon)

成分無調整の牛乳パックをそのまま電子レンジで少し加熱し、フタを空けてR-1という飲むヨーグルトを種菌として入れて、ヨーグルトメーカーにセットして6時間~半日ほど放置する。
Img_3176
固まってヨーグルトができた。(市販のヨーグルトのようにきれいには固まらなかった。)
ドライフルーツのパイナップルを刻んで入れて混ぜてから、冷蔵庫で冷やして完成。

市販のヨーグルトを買うのに比べてあまり安くない。
種に使うのをR-1ではなくて、似たような飲むヨーグルトのガセリ菌SPというのが少し安かった。
さらに、種菌を使い回せばもう少し安くなりそう。
500mlの牛乳パックが割高なので、1000mlのパックの方を使うことにした。
できる量が多いので、タッパーに移して小分けにして食べている。
ドライフルーツは、クランベリーとかも試してみるために購入した。クランベリーのほうがパイナップルよりも健康によさそう。

あと、調べてみると、豆乳でもヨーグルトを作ることが可能らしい。
(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

1 × 7 =