津島市観光交流センターに行ってきた

津島市観光交流センターに行ってきた。
(水族館に行ったメモ:シリーズ その351)

津島の末廣寿司でもろこ寿司を作る体験をやっているので、行ってきた。
そしてついでに津島を観光をしたのだが、そのとき立ち寄った津島市観光交流センターにタモロコの水槽などがあった。もろこ寿司の寿司店のすぐそばで、もろこ寿司の材料のタモロコの水槽があるというのが面白い。

もろこ寿司を寿司店で作ったあと、圧力をかけて押し寿司がなじむまでに3時間ほど時間がかかるので、そのあいだにレンタサイクルで津島を観光をした。

津島市観光交流センターに行ってみることを寿司店の店主からお薦めされた。寿司店のすぐ近くだ。だが、最初、前を通ったときに見逃してしまった。看板が読みづらくてここだと分からなかったからだ。


津島児童科学館に行って来て、またこちらのほうに戻ってきた。
最後に再度ここに来た時に、探して寄ってみた。

この案内看板が2つあり、その中間なので自転車をゆっくり走らせてよく見たら、元は銀行だったこの白い立派な建物が観光交流センターだと気がついたのだった。

タモロコの水槽がある。もろこ寿司で使った材料と一緒だ。

それ以外にもいくつか水槽の展示があった。


一通り見学したあと、寿司店に出来上がったもろこ寿司を取りに行った。
もろこ寿司を受け取ったあとは、レンタサイクルを返却して津島駅に戻り、名古屋に帰った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

50 − 46 =