機械学習 名古屋 分科会 #4に行ってきた

機械学習 名古屋 分科会 #4に行ってきた。

前回の続きだ。

サテライト会場が東京に設置されて中継されていたりして、結構大がかりになってきてる。

今回は、第4章のニューラルネットワークの学習をやった。
4章の最初は、学習データに関する話で、特にハンズオンでやることは無し。
4章の前半は、学習の結果を評価する方法として損失関数という評価関数について、実際に2乗和誤差や交差エントロピー誤差の計算のコードを書くハンズオンをやった。
(今回、自分の持ってきたPCの調子が悪く、ハンズオンはできなかった。)

そのあと、微分と偏微分の数値解法について進んだところで今回は終了した。
ちょっと今回は進みが少ない気がする。

そのあと、LTで、参加者でYahooの人が発表をした。
マルチラベル分類問題(極端にラベルの数が多いケースで100万個とか)についてAnnexMLという名前を付けた方法を開発して予測速度を上げたという発表だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

1 × 10 =