機械学習 名古屋 分科会 #7に行ってきた

機械学習 名古屋 分科会 #7に行ってきた。
前回の続きだ。

今回は、5章の誤差逆伝播法の後半をやって、6章の最初の少しだけ進んだ。

前回の誤差逆伝播法の実装なのだが、ちょっとコードが難しくなってきている。
機械学習の多層のうちの1層をクラスとして実装し、誤差伝播の仕組みなどをメンバー関数として組み込んでいる。
ちょっと長いので時間内にコードを入力して動かすところまでは厳しい。あらかじめ参考書の公式サイトからダウンロードしてあったソースコードを動かしてみるだけやった。

6章は他の効率的な機械学習のテクニックとして、初期値を工夫する話をやっている。

あと、最後にLTが1件あった。LTというよりはイベントの告知だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

2 × 3 =