DMM VR動画をスマホHMD(Xperia Z5 Premium)とPSVRで試して比べてみた

DMM VR動画をスマホHMD(Xperia Z5 Premium)とPSVRで試して比べてみた。

DMM mobileのSIMを3枚契約していて毎月DMMポイントが溜まるので、DVDレンタルや動画購入に使っていた。最近DMMでVR動画が始まったので、試しにポイントの消費も兼ねて購入してみた。

まず、DMM VR Playerをスマートフォン(Xperia Z5 Premuim)にインストールした。apkファイルからのインストールだ。

次に、PCで目的のVR動画を購入し、スマートフォンで購入した動画のリストが反映されているのを確認した。

スマートフォンでは、動画を再生時にストリーミングか、動画のダウンロードかを選択することができ、ダウンロードの画質も選択できる。高画質のものをダウンロードした。

スマートフォン用のHMDにXperia Z5 premiumをセットして再生した。

画質は良い。液晶パネルが4Kパネルなので、画素が格子状に見えてしまうことがないのが良い。
頭の向きに対する追従がだいぶ遅い。酔いそうだ。

次にPlayStation VR(PSVR)でも再生してみた。

ストリーミング再生だけしかできないようだ。
ときどきストリーミング再生が止まるのが気になる。(フレッツ光NEXT隼の回線だが)
画質はXperia Z5 premiumに比べて変わらないか、ちょっと劣っているように感じた。
画素が格子状に見えてしまうのがちょっと気になる。
頭の向きに対する追従は速く、この点では快適だ。

比較すると、4KスマートフォンのXperia Z5 premiumを使ったスマホHMDの方が画質的には良いと思った。
ただし、頭の向きに対する追従が悪いので、改善されて欲しい。
スマホHMDはケーブルとかを引っ張り回さなくて済むというメリットがあるので、それを活かせるといいのだけど、現状あまり頭を動かさせなくて体の向きを頻繁に変えるのが厳しい。

DMMのVR動画の有料のものを1本と、無料のデモ版を2本視聴した。
デモは、完全360°全天周VR動画だったが、複数のカメラの映像の継ぎ目の処理(ステッチ処理)があまりうまくいっていない。
購入した有料のものは、そういう処理をしない前方のみを撮影する3Dカメラで撮影されたものらしく、継ぎ目は無い。ただ、女優が近づいて顔が自分の顔に接触するくらいドアップになったときに3Dが破綻してしまうシーンがあるのが気になった。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

41 − 36 =