小牧市のこまき巡回バスの使い方がよく分からなかったが、現地で何回か乗ってみてだいぶ理解できた

小牧市のこまき巡回バスの使い方がよく分からなかったが、現地で何回か乗ってみてだいぶ理解できた。

小牧市に何回か出掛けて、コミュニティバスの「こまき巡回バス」を利用してみた。
カインズ小牧店 CAINZ工房 Dgigital Fab Studio
しるこサンドの森あんびすきゅい
に行くのに使ってみた。
あと、他に
市民四季の森(公園)
に行くのにも使っている。

ネットで調べられる情報としては、小牧市の公式ページがあり、運行コース図と時刻表がある。
こまき巡回バスについて/小牧市

路線がたくさん存在しており、コミュニティバスとしてはとても充実している。
ただし、時刻表をみると運行本数はどの路線もだいたい1時間に1本程度しか運行していない。

料金表が存在せず、料金は1日200円乗り放題という凄くお値打ちな設定になっている。
最初に乗ったときに200円を払うと運転手から乗車券が渡されるので、同じ日に別のバスに乗るときに乗車券を提示して乗ることができる。
単純に往復で行きと帰りに使うだけでも、他のバスに比べてお得感がある。
20160522_121056

小牧市にはあと他にもピーチバスという路線があるが、これは別の事業体なのでこまき巡回バスの乗車券では利用できない。ただし、こまき巡回バス乗車券に付属の割引券を使って割引価格で乗車できる。昔2006年に廃線になったピーチライナーの代わりに運行している路線のようだ。

小牧市から名古屋などの他の地域に出たり、名古屋などから小牧市に来る場合に電車との乗り換え路線連絡が問題となる。
まず、基本として名鉄小牧戦の小牧駅がある。

市の中心部にあり、ほとんどのバス路線は小牧駅を通る。
名鉄小牧線は名鉄の本線とは独立していて、名古屋駅から直接 小牧駅に来ることができない。
地下鉄の環状線の平安通りで、上飯田駅方面に乗り換えて、そのまま名鉄小牧線の乗り入れという形で同じ車両で地下鉄から名鉄に切り替わって小牧駅やその先の犬山駅まで運行している。
名鉄小牧線 – Wikipedia
20160522_110131
そのため、何も考えずに普通に名古屋駅経由で小牧駅に行こうとすると、
(1)出発駅から名古屋駅まで乗車。
(2)地下鉄名古屋駅から平安通り駅経由で上飯田駅まで乗車。
(3)上飯田駅から名鉄で小牧駅まで乗車。
というように3回の料金が別体系になるので往復で結構な額の運賃が掛かってしまう。
(それでも名鉄のみで名古屋駅から犬山駅まで行って、小牧線で小牧駅に戻ってくるのに比べれば安いのだが。)

自分も初回に市民四季の森に出掛けた時には上記の平安通り経由の方法を使った。
今回(2回目)にカインズ小牧とあんびすきゅいに出掛けた時には、ちょっと節約して名鉄岩倉駅を経由するルートを使った。結果的にちょっと節約になっただけだが。
(1)名鉄の本線から名古屋駅で名鉄犬山線に行き岩倉駅まで乗車。
(2)岩倉駅の東口側の名鉄バス乗り場で小牧駅行きの名鉄バスに乗車。


という方法だ。
(名鉄岩倉支線というのが昔にはあったらしいが、1964年に廃止になっている)
ただし、名鉄バスを小牧駅まで律儀に乗車する必要は無くて、小牧市役所などでこまき巡回バスに乗り換えるのが良い。市役所から小牧駅までの区間は小牧のメインストリートで、ほとんどのバス路線がここを通るので、乗り換えもしやすいというメリットもある。
あるいはもっと手前で乗り換えて節約することも可能だ。

名鉄バスは、北側の路線と南側の路線の2つの路線で小牧駅に行くことができる。
北側路線の場合、西之島というバス停まで行って乗り換えるのが節約としてはよいだろう。
西之島には、しるこサンドの森あんびすきゅいというのがあるので、自分はそこに立ち寄ったりした。

南側路線の場合、小木というバス停まで行って乗り換えることができるようだ。
自分も名鉄バスの小木バス停で下車したのだが、こまき巡回バスのバス停とは場所が少しずれているので最初は気がつかなかった。

こまき巡回バスのバス停で織井戸公園前というバス停が100メートルくらい先にあるので、南側路線のバスなら小木で乗り換えるのでよいと思う。

バスの乗り換え時に注意することがある。
・こまき巡回バスの多くの路線は右回り路線と左回り路線と両方が運行していて、ほとんどの場合それぞれ乗り場が分かれていて、道路の反対側にもバス停がある。
・輪になっていない直線的に往復する路線でも上りと下りでバス停が異なる。(他社のバスでも普通そうなっている)
・例外的として小牧駅のバス停や、西之島のバス停は乗り場が分かれていない。
 西之島に最初に行った時に上り下りが一緒だということを知らずにちょっと悩んだし、上り下りが一緒だというので驚いた。輪になった路線に盲腸のように小さい輪のような路線がはみ出していて、その小さい輪の部分は右回り路線でも左回り路線でも同じ方向に回るようになっているということだ。(ちょっと説明がわかりにくいかも)


さらに運賃を節約して名古屋から小牧に行く方法というのを思いついた。
名古屋の市バスを使う方法だ。
これだと地下鉄を使わずに節約できる。

名古屋の市バスは、名古屋駅か栄のバスセンターから各地に路線が出ている。

一旦、栄まで市バスで行き、乗り換えて、また市バスで栄から上飯田駅まで行くことができる。
栄でついでに買い物したり寄り道もできる。
市バスは乗り継ぎ割引があるので少しお得だ。
乗継割引|名古屋市交通局
あるいは土日だけに限定されるのだが、乗り放題のドニチエコきっぷを使うともっと安くなる。
(ドニチエコきっぷは、市バスのみの切符と地下鉄のみの切符と両方対応の3種類ある。市バスのみの切符が安い。)

そして、上飯田駅からは名鉄小牧線に乗り換える。
そのまま小牧駅まで行ってもよいのだが、手前の牛山駅で下車して牛山駅西というバス停でこまき巡回バス(200円で一日乗り放題)に乗り換えることができる。

次回、小牧に行くときに実際に試してみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 8 = 17