メスティンとかメスティンもどきを固形燃料アルコールで炊飯を試してみた

メスティンとかメスティンもどきを固形燃料で炊飯を試してみた。

キャンプ用品の定番のコッヘル(クッカー)で、トランギア製のメスティンというのがある。アルミの弁当箱に取っ手を取り付けたような、細長くて高さが低いアルミ製の小型の鍋だ。
Amazonで安かったので買ってみた。あと、ついでにお薦めで出てきたステンレス製の似たようなもっと安いクッカー(中華製)も購入してみた。

固形燃料アルコールを使って炊飯を試してみる。

使用する前に軽く洗った。

無洗米ではなく、普通の米を使う。

米を計量して1合分を入れる。

水を入れて米を研ぐ。(米粒をこすり合わせるように洗って、軽くすすぐ。)
すすいだあと、水の量を米の深さの倍くらいになるように調節する。

そのまま1時間ほど放置して、米に水を吸わせる。

固形燃料アルコールと、折りたたみごとくを用意する。

アルミカップ無しの剥き出しタイプの燃料なので、汚れ防止にアルミホイルを敷いてセットした。

燃料に着火して、メスティンを上に乗せて加熱し、炊飯開始。

あとは燃料が燃え尽きるまで放置する。

ごとくから下ろした。

タオルでくるんでそのまま15分ほど放置して、蒸らしながら余熱調理する。

完成。

メスティンの炊きあがりはこんな感じでうまく炊けている。

ステンレスのメスティンもどきは、底の方がすこしべちゃっとした状態で炊けた。水の量が少しだけ多すぎたのかも。あるいは、蒸らすときにひっくり返しておいた方がよかったのかもしれない。

それぞれ食べ比べてみたが、アルミのメスティンで炊飯したほうは少しアルミの金属くさい部分があった。
なので、せっかく買ったのだけどメスティンはお蔵入りで、ステンレス製のメスティンもどきの方を使うことになると思う。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

10 × 1 =