パルスオキシメーター用のセンサーをいくつか手に入れた

パルスオキシメーター用のセンサーをいくつか手に入れた。

まず、秋月電子のNJL5501Rのキットというのを買ってみた。

発光ダイオード2個とフォトトランジスタがパッケージされているセンサーで、面倒な処理とか自分で作らないといけない。

別の製品も買ってみた。
MAX30100という、面倒な周辺回路とか不要でI2Cでいきなりセンサー値を読み出しできる製品がある。

Aliexpressで安く売っているブレークアウト基板があったので、購入した。

MAX30102という後継製品もあるらしいので、そちらも買ってみた。

Arduino用のライブラリとかあるので、簡単にパルスオキシメーターの実験ができそうだ。

パルスオキシメーターは既に購入してしまったので、自作しようというモチベーションが低下してしまった。

せっかく買ったセンサーは放置したままになっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

1 × 6 =