兵庫県のあゆ公園に行ってきた

兵庫県のあゆ公園に行ってきた。
(水族館に行ったメモ:シリーズ その134)


兵庫県の山間部の川沿いに、あゆ公園という公園があり、鮎などの淡水魚のミニ水族館があるそうだ。

名古屋から青春18切符で行ってみた。(日帰りも可能だったのだが、1泊2日でついでに他に岡山県にも出掛けた。)
JRで京都,福知山を経由して八鹿駅(ようかえき)に向かう。

駅前のバス乗り場からバスに乗る。
バス会社の建物があり、建物内は有人の事務所と待合所になっているので、そこでバスについて分からなければ質問して教えて貰うこともできる。

明延線(あけのべせん)という路線で加保口(かぼぐち)というバス停まで乗車する。

バスは主に川沿いを通って、山間部や川沿いの町を通って上流に向かっていく。

バスで40分くらい乗車し、加保口に到着。

あとは徒歩であゆ公園に向かう。
バス停のそばの橋を渡って、川沿いに下流に向かって歩いて行く。



徒歩7分くらいで到着。


見学する。
川の本流とは別に小川があり、安全に川遊びができるようになっている。
鮎やニジマスのつかみどりや、小屋でBBQができるらしい。

管理棟。ここでBBQとかは申し込むようだ。つかみ取り以外にもマス釣りとかもあるようだが、この時期は釣りはやってないらしい。


管理棟の前の案内看板に、あゆ公園水族館も載っているのだが、休館中という表示がある。どうやら現在、休館になっているみたいだ。

魚の王国。元々は鮎の養殖場だったみたいな場所で、コンクリ製の円筒の水槽がある。


あゆ水槽。


イシガメ水槽。

チョウザメ水槽。

コイの餌やり水槽。


レストラン前を通過して、奥にある水族館に向かう。

休館中だった。


窓から中を覗くと水槽とか有るようだが、中は空っぽのようだ。

レストランと、隣接する水車小屋。水車は結構大きい。


レストランで昼食を取った。バイキングコースのみで、他の季節のランチのようなメニューとかは無い。

鮎の南蛮漬けなどを食べた。

バス停に徒歩で移動し、八鹿駅までまたバスで戻った。

日帰りで名古屋に帰るのも可能だったのだが、1泊2日でついでに他に岡山県にも出掛ける予定にしているので、八鹿駅から電車で姫路駅まで南下して、姫路から岡山駅に移動した。

岡山駅のあたりで宿泊する。
はまぐり水族館という飲み屋で夕食を食べた。


続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

× 9 = 90