赤外線リモコンhack用の機器を積んでいる

最近、iRemoconというのを手に入れた。
これまで他にもいろいろと手に入れて試したり積んだりしている。
最近またいくつか購入してしまった。
1つはIRKitというものだ。
オープンソースでArduinoマイコンで作られている。MFT2013で知った
Rimg0001
IRKit – iPhone,iPadを使って外出先からエアコン等の家電を操作できる学習リモコン(Amazon)

irMagicianという電子工作キットというのも人気があるようだ。
手に入れたのだけど、まだ試していない。
Rimg0003
Rimg0004

似たような電子工作キットで、BitTradeOne USB接続 赤外線リモコンキットというのもある。
買ったけどまだ組み立ててもいない。
Rimg0002
USB接続 赤外線リモコン キット(Amazon)

他にもmbedを使ったJBBoardとかもあるようだ。
mbedは買ったのだけどJBBoardは持っていない。

キットでなく出来合いの製品でLogitecのLAN-IRU01というのも買ったのだけど使っていない。これも積んだままだ。
投売りされていたのを、hackしてPCから動かしてみようと思って購入したのだけど。
Rimg0001

こういう製品で一番最初に試したのがBUFFALOのPCに繋ぐ学習リモコンPC-OP-RS1だ。
学習できる赤外線リモコンのコマンドの長さに制限があってエアコンのリモコンの学習ができなかった。

これから出てくる品物だとNEEOというのが気になっていたりする。


追記
リモコンコマンドが既知の場合、赤外線LEDにコマンドを搬送波で変調した信号をソフトで作ってI/Oで制御して赤外線LEDをOn/Offすれば、リモコン出力が可能だ。
それほど難しいソフトではないので、ポケコンとかで昔試してみたことがある。

リモコンのコマンドが未知の場合には赤外線リモコン受信モジュールを使って復調した信号を学習すればよい。
ビット列からコマンドを取り出す学習のアルゴリズムはちょっと工夫が必要だ。
昔、ポケコン用の「りもこんくん」というソフトが雑誌に載っていてその解説を読んだ覚えがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

3 × = 18