iPhone/iPad用の非純正HDMI出力ケーブルがiOSアップデート後に使えなくなってしまったので、似たような製品を買い直した

iPhone/iPad用の非純正HDMI出力ケーブルがiOSアップデート後に使えなくなってしまったので、似たような製品を買い直した。

以前に購入してた非純正のLightning-HDMIケーブルが使えなくなってしまっているのに気がついた。どうやらiOS15から使えなくなってしまったようだ。
こんな感じのQRコードはHDMI側に出力されて表示されるのだが、iPhone/iPad側で正しく認識されてないようだ。

仕方が無いので、また似たような製品を買い直した。

i-Phone HDMI 変換ケーブル i-Phone/i-Pad HDMI アダプター テレビに映す 1080P解像度 音声同期出力 遅延なし APP不要 設定不要 ライトニング HDMI変換 ケーブル – (2M) (Amazon)

iOS15のiPhone Xで無事に使うことができた。
ゲーム画面とかのキャプチャーをしたかったのだが、無事にできそうだ。
PCへのキャプチャーは、このあたりの製品を使えばできそう。
HDMI→USB(web cam)変換アダプタ(USBドングル型)を手に入れた

他にも、プレゼンみたいな用途に、PCの代わりにiPhoneだけ持っていって出先のプロジェクターに繋げて使うというような使い方もできそうだ。


今後、iOSのアップデートでまたいつかこの製品も使えなくなってしまうおそれがある。
以前買った製品や この製品はDrongCastのOEM製品らしい。

上記のQRコードからDrongCastのアプリストアが表示されて、インストールできる。

試しに入れてみた。
このアプリからファームウェアのアップデートができるらしい。

しかし、残念ながら表示されているS360TO6HV002というのに該当するアップデートは見つからなかった。


Appleの純正品を買った方が確かなのだが、何倍も値段が高いのが難点だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

2 + 2 =